loader

全ての情報をお知りになりたい場合は、英語バージョンのサイトにアクセスして下さい。

グラン•テアトル(大劇場)— ボルドー国立歌劇場 GRAND THEATRE  

ボルドーの中心部でひときわ目をひく優雅な建物。それがグラン•テアトル(大劇場)、ボルドー国立歌劇場です。3世紀以上前から輝かしい活動を続け、観客を夢の世界に誘ってきました。グラン•テアトルは、ヴェルサイユやトリノの歌劇場と並び、世界で最も美しい18世紀のホールとして知られています。 

 

ボルドーの象徴

パリのオペラ座を設計したシャルル•ガルニエは、この大劇場を見学して触発されました。『ルイ宮殿』とも称されたグラン•テアトルは、ルイ16世時代にパリで活躍していた建築家ヴィクトール•ルイ(1731-1800年)の代表作で、コンサートホールはもとより、カフェ、店舗から賭博場に至るまですべてに心が配られ、念入りに設計されています。ボルドー市はこれまでに三度フランスの首都になりましたが、その折り(1870年、1914年と1941年)に、グラン•テアトルが国民議会場として使われています。いずれもフランスが悲劇的な状況下での出来事でした。

近年おこなわれた修復工事によってグラン•テアトルは建設当時の輝きを取り戻しました。オイル•ランプの照明のせいで煤けていた18世紀の装飾も色鮮やかに蘇ったのです。

グラン•テアトルは、一年を通じて毎水曜日•土曜日の午後2時半、4時、5時半に見学を行っております。公演のリハーサルなどによって見学できない場合もありますので事前にお問い合わせの上、ご来場ください。