全ての情報をお知りになりたい場合は、英語バージョンのサイトにアクセスして下さい。

  • 印刷する
  • ズームアップ
  • ズームダウン

ユネスコの世界遺産ボルドーの散策  

ボルドー「月の港」は、2007年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。ボルドーではほぼ2世紀に渡り、古典主義と新古典主義の建築表現や、都市計画がほとんど途切れることなく継続し、調和のある街並を形成してきました。その一貫性のある文化遺産の価値が認められたのです。

 

ユネスコの世界遺産ボルドーの散策

 ボルドー「月の港」は、2007年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。ボルドーではほぼ2世紀に渡り、古典主義と新古典主義の建築表現や、都市計画がほとんど途切れることなく継続し、調和のある街並を形成してきました。その一貫性のある文化遺産の価値が認められたのです。1996年にアラン•ジュペ市長の主導で始められた都市計画は、ボルドーの文化遺産の保護と、その魅力を高めるという目的で、建物のファサードの洗浄•修復、ガロンヌ川岸の開発整備、地面から電気供給する無架線トラムの敷設、都市空間の再評価 がなされました。

こうしてボルドーでは、歴史的建造物として分類•登録された建築が350にのぼり、そのうちの3つは1998年に世界遺産に登録された「フランスのサンティアゴ•デ•コンポステーラの巡礼路」に含まれています。

世界遺産•ボルドーの独自性のひとつに、登録範囲の広さがあります。これほど広大で複合した市街地全体が登録されたケースはそれまでに類を見ないものです。エリアは大通り(Boulevard)の内側で、ガロンヌ川までを含み、面積は1810ヘクタール。これはボルドー市の総面積の半分にあたります。その他、大通りの外側のボルドー市全域と、隣接する8つの自治体が緩衝地域として認定されています。

市の訪問のチケット

 

ボルドー市では、ユネスコの文化遺産への登録を機に情報センター

《ボルドー•パトリモワン•モンディアル》を開設しました。ここで はボルドーの歴史、都市改革の変遷、街の建設に影響を与えた重要 な出来事などのほか、ボルドーの明日の姿や未来の計画、そして多 くの建築家や都市計画家が夢見る都市についても楽しく学ぶことができます。

所在地 : ブルス広場(2-8, place de la Bourse )